パスタみたいに茹でて食べるライス

3回目のご来店から270分以上のロングコースのみでサービスさせていただくライスボール

そのライスボールには、お手軽でリーズナブルなカルローズ・ライスを使用しているので、コース料金は低価格を維持できているのです。

 

 

どんな点がお手軽なのかと言いますと、
パスタ感覚で茹でるだけ

 

カルローズライス1合に対して、約2リットルの湯で10分ほど茹でてからザルに上げるだけで食べられるのです
\(:^ω^:)/

IMG_0344

 

 

カルローズライスは洗わないでそのまま茹でてOKですし、まさしくパスタを茹でるのと同じ要領で調理できるのです!!

 

 

≪カルローズライスの特長≫
▲ベタつかず食感が軽い
▲ドレッシングやオリーブオイルとの相性が抜群
▲香りや味を吸収しやすい
▲アルデンテの食感が出しやすい

 

 

 

 

IMG_0715

 

 

サフランを入れた湯でカルローズライスを茹でれば、鮮やかな黄金色に染まります☆彡

 

IMG_0567

 

 

パエリャでよく使われるサフランですが、意外にも、本場スペインでさえサフランは高級品なので、一般的にはあまり使われないそうです。

 

 

「この魅惑の地の大地は、麝香(ジャコウ)とサフランを混ぜた小麦粉から出来ている。石は真珠とヒアシンス石(ジルコン)であり、宮殿は黄金と銀造りである」
イスラム教聖典『コーラン』記述

 

 

 

 

☆贅沢にもサフランで着色しながら茹で上げたカルローズライス☆

IMG_0570

 

 

 

California style
chicken OverRice
カリフォルニア風チキンオーバーライスを作ってみました
ψ(`∇´)ψ

IMG_0571

 

鶏胸肉を並べてタンパク質補給( ^ω^)

ブラックオリーブも飾りました。

意外にも、中南米や南米でもオリーブはよく食べられているのですよ。

 

長年スペインに侵略されてきたフィリピン,中南米,南米は、料理にもスペインの影響は色濃く残っています。

 

 

 

 

世界一のオリーブの名産地スペイン

当店の施術で使用するライスブランオイルには、オリーブオイルもブレンドされています。

 

 

大昔はイスパニアと呼ばれていたスペイン大帝国
スペインで最初に残っている米のレシピは、米ではなく米粉を使用しています。米粉でとろみをつけたデザートや料理があります。

 

 

===オスマントルコ===
アラブ民族支配の時代から、米そのものを使うようになって米の栽培が著しく増えたのです。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

フィリピン式ガールズエステHalo-halo〈ハロハロ〉
◆ホームページ https://cocobuko.shop/
◆サロンのメニュー表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンの所在地 https://cocobuko.shop/hotel/
営業時間:朝9:30~深夜24時過ぎ[不定休]