コーラやカカオの仲間は原爆にも耐えた! 太平洋戦争と歩むバギオ

ココナッツオイルの香りの主成分「ラクトン」は、松坂牛などの高級和牛や、桃、バーボン、ワインにも含まれています。そう言われてみれば、ココナッツの甘く深みのある香りは、それらの香りとどこか似ている気がしませんか?

 

 

 

フィリピン産 食用ココナッツオイル
BAGUIO“バグイオ”

 

DSCF6157

 

日本では、カルディで912g入り1000円ほどで販売されていましたが、フィリピンではなんと! 200~300円ほどでした
Σ(´д`;)

 

 

Baguioは「バギオ」とも読み、フィリピンの都市の一つです。

 

バギオは、首都マニラのあるルソン島の北部にあるフィリピンで最も山深い地域。

 

 

アメリカ植民地時代(太平洋戦争時代)に避暑地として開発された都市です。

フィリピンの首都マニラが最も暑い時期(3月~6月)に政府機能がバギオに移された事もあり、フィリピンの他の地域と比べると涼しくて過ごしやすい地域のようです。

 

 

 

開戦序盤は日本軍に占領されたマニラですが、すぐにアメリカ軍に奪い取られてしまいます。

現代でも、フィリピンにアメリカ風のファーストフードがあちこちに見られるのは、その時代の名残りなのでしょう。

 

 

日本とアメリカの太平洋戦争に巻き込まれたフィリピンは、
戦争つながりで日本との関わりが深い
という悲しき現実があります。

 

フィリピンを語る際に、太平洋戦争は切っても切れない話題になってしまうのですね。。

 

 

 

 

同じくアメリカに統治されていた沖縄

 

沖縄戦争はこの世の地獄としか言いようがありませんが、1972年(昭和47年)に日本に返還されて平和を取り戻していますね。

 

 

沖縄名物の揚げ菓子
サーターアンダギー

 

DSCF5648

 

あり合わせの材料で、意外と簡単に作れました♫

 

戦争以前に中国から伝わったお菓子が原形になっているという起源説が有力です。

 

 

首里方言で
サーター=砂糖
アンダ=油
アギ=揚げ
「油で揚げた砂糖」という意味。

 

砂糖たっぷりの甘いおやつです。

 

 

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽

 

 

太平洋戦争にまつわる逸話をもう一つ

 

 

広島の爆心地から約1300mの地点に生えていたのに、その原爆の爆風にも耐え、翌年の春には発芽していた植物があります!
東南アジア原産の植物 アオギリ

 

爆風に耐えたことから
被爆アオギリ
とも呼ばれています!

 

 

アオギリ科の植物ですが、同じアオギリ科には
チョコレートの原形 カカオの木
コーラの原形 コラノキ
もあります。

 

アオギリ科には、カフェインやテオブロミンに富んだ植物が多いのです。

 

 

コラノキの果実の中に5~9個含まれている種子『コーラ・ナッツ』はコーラの原形と言われています。

 

 

コーラはフィリピン中でも大人気の飲料!

年中暑いから、炭酸飲料は欠かせません。

 

フィリピンで涼みたければバギオがお勧めですね。

 
悲惨な戦争を忘れることなく、現代の平和と幸せを噛み締めましょう!

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

【女性のお客様専用サロン】
★男性施術者のアロマリラクゼーション★
フィリピン式ガールズエステHalo-halo〈ハロハロ〉

営業時間:朝9:30~深夜24時過ぎ[完全予約制]
◆ホームページ https://cocobuko.shop/
◆サロンのメニュー表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンの所在地 https://cocobuko.shop/hotel/
◆ご予約窓口 https://cocobuko.shop/reserve/