ラテンアメリカ””Tamales””とハーブボール由来のライスボール

3回目のご来店から270分コースと300分(5時間)コース限定でお受けいただけるライスボール

 

 

カンボジア発祥で、タイ古式マッサージでもよく見られるハーブボールを真似したオリジナルなのですが、このライスボール発案のヒントになったものが、メキシコ料理のTamales(タマーレス)という料理です!

 

IMG_6448

 

 

料理名の語源は、「包んだもの」という意味のナワトル語Tamalli(タマーリ)に由来します。

 

その名の通り「包み込んで焼く」ちまきです!

 

 

ライスボールも、ご飯をバナナの葉で粽(ちまき)のように包み込むので、ここからヒントを得ました(笑)

 

タマーレスは、通常はトウモロコシの黄色い皮で包み込むのですが、バナナの葉で代用することもあります。

 

 

生地は、本場式のマサと呼ばれるトウモロコシ粉を使用しました。
トウモロコシ粉にはホワイトとイエローがあります。今回,ホワイトを使用したので、日本で見慣れているトウモロコシの黄色ではないのです。

 

 

◆マサ 200g
◆ぬるま湯 160cc
◆ココナッツオイル 100g
◆塩・ブラックペッパー 各少々
↑ これらを混ぜ合わせて生地にします。

IMG_6442

 

※本場ではラードを使いますが、ココナッツオイルで代用しました。

 

 

生地の半量以下をバナナの葉の中央に載せ、生地の中央を窪ませて(好みの)チリ・ペーストを置く。

IMG_6443

 

※本場式では「サルサ・ベルデ」という緑色のソースを置くのですが、ここではペルー産アヒ・パンカペーストで代用しました。
「アヒ・パンカ」は ↓こちらのブログで紹介しております。
≪HOT PEPPERランキング記事≫

 

 

ペーストの上に、細く裂いた鶏胸肉も置く。

IMG_6444

 

※メキシコでは、鶏肉と言えば主に胸肉を使うらしいです。

 

 

マサ生地で包み込み、さらにバナナの葉で粽の要領で包み込む。

IMG_6445

 

 

タコ糸で軽く縛り、蒸し器で40分~60分ほど蒸せば出来上がり!

 

IMG_6446

 

 

 

メキシコ版ちまきと言える料理ですが、メキシコに限らずラテンアメリカの国々で食べられている大衆的な食べ物です。

 

 

IMG_6447

 

 

その歴史は古く、紀元前5000~8000年から食べ続けられていると言われています。狩人や旅人,軍人が持ち運ぶ携帯食でしたが、やがて庶民から貴族にまで愛される中南米のソウルフードとなりました。

 

 

 

ダイエットしたい女性向けの料理&食文化情報はココナラにて随時配信中なので、ご興味ありましたら覗いてみてください♫
coconalaバナー縮小25%

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

【女性のお客様専用サロン】
★男性施術者のアロマリラクゼーション★
フィリピン式ガールズエステHalo-halo〈ハロハロ〉
営業時間:朝9:30~深夜24時過ぎ[完全予約制]

 

◆ホームページ https://cocobuko.shop/
◆サロンのメニュー表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンの所在地 https://cocobuko.shop/hotel/
◆ご予約窓口 https://cocobuko.shop/reserve/