不眠と寒さこそ大敵!! 暑い東南アジアに憧れて10年以上

2019年9月 フィリピン体験記No.6≫

 

 

過去にチャレンジした一人旅
タイ[タイは、最初は一人じゃなくて同行しました]
香港&マカオ
とは、また違った雰囲気を感じたフィリピン。

 

フィリピンを合わせた三回の海外渡航はいずれも航空機内で眠れませんでした(><)

 

奇遇にも?三回とも深夜便なので、長いフライト時間中に眠れればラッキーと思っていたのに…

 

いずれもフライト時間は5時間程度だし、気持ちが高揚しているから眠れませんよね、、

 

 

 

 

 

羽田空港から出発してフィリピンのニノイ・アキノ空港に到着した瞬間に撮影

 

IMG_0006

 

熱帯特有のムァッ…とした空気
写真からも伝わってきませんか?

 

 

 

 

渡航した三ヵ国は、どこも熱帯(または亜熱帯)です。

 

中国の特別行政区である香港とマカオは中国の最南部のほうに位置しており、ベトナムの最北部と緯度はほぼ同じです!
「亜熱帯」と言えるほど温暖でした。

 

 

 

私が熱帯に憧れるようになったのは2008年のこと
今から10年以上も昔です。

 

寒いのが大嫌いだった私は、一年中温暖な気候の地域に憧れるようになったのです。

 

 

ですので、
「日本国内で一番行きたい所は?」
と聞かれれば
真っ先に「沖縄です!」と答えます(笑)

 

 

 

 

男性ですが<冷え性>な私
寒いと凍えるばかりで体も心も縮こまり、何もやる気になりません(><)

 

その分、暑ければ体も心もの~びのびと開放的になれますね♥

 

 

 

お客様にも
熱帯の開放感を体感してほしい
という願いが込められたフィリピン式=東南アジア式の当店なのです!

 

 

 

IMG_0004

 

 

フィリピン航空の帰国便では38℃以上の発熱がありましたが、香港から帰国した時も同様の発熱がありました。
過去の経験から、疫病・感染症ではなくて疲労が原因の発熱だと判断して、休養で治すことにしたのです。

 

自宅で10時間たっぷり寝たら体温は36.6℃まで下がりましたが、高熱の状態で成田空港までのフライトや、成田空港ターミナルでの宿泊は地獄でしたよ……

 

 

 

フィリピンでは、他の二ヵ国ではさほど感じなかった汚染されているような空気のニオイも感じました。
それも体調悪化の要因だったと思います。

 

 

熱帯の暑さ<気候>は大好きですが、帰国するたびに日本の安全性を再確認できますね。

 

 

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて『フィリピン旅行記』として投稿していました。

 

その『フィリピン旅行記』をサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン式とは?』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】朝11時~深夜24時過ぎ[完全予約制*不定休]

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
◆施術メニュー料金表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

◆アメーバブログ https://ameblo.jp/deliciosa-gracias/
↑ 商品と組み合わせた〈アメブロ限定〉のお得なクーポン情報も掲載中です♪