ハロハロ目指した最初のフィリピン料理は中華麺

2019年9月 フィリピン体験記No.24≫

 

 

何はともあれ 初日でセブ最大の巨大ショッピングモール
ayala center CEBU〔アヤラセンター・セブ〕に辿り着くことができました!

 

 

 

帰国してからサロン名をHalo-haloに改名すると決めていたので、まずは本場のハロハロ そしてフィリピン料理を食べなきゃ!

 

 

日本のミニストップで人気の☆ハロハロ☆

 

そのトロピカルな見栄えやネーミングからハワイっぽいイメージもありますが、ハロハロはフィリピンのスイーツなんですよ☆彡

 

 

 

思っていたよりもハロハロの看板が目につきます☆

 

モール内だけではなく、街中でも目につきます★

 

一生懸命探すまでもなくありつけそうですなp(^-^q)

 

期待通り…いや,期待以上にハロハロは現地で大人気のようです☆♪

 

 

 

『アヤラセンター・セブ』で、フィリピンでの最初の食事を注文しました。

 

 

レストランも、これまた日本の『ららぽーと』以上にたっくさんあって、どこにしようか…目移りしてしまいましたが…

 

 

メニューにハロハロがある
一人でも入りやすそう
撮影しやすそうな雰囲気

 

などを基準にして選んだ最初のレストラン
『hukad』で、ハロハロと一緒に注文した中華風麺料理
BAM-l〔バミー〕

 

IMG_0028

 

揚げた「かた焼きそば」のような麺を肉や野菜たっぷりの上に載せてあり、めっちゃウマい(:^ω^:)

 

 

 

 

บะหมี่
バミー
という、タイにも同じ名前の料理があります。

 

タイのそれも中華料理の麺料理に似ているものでしたので、両者とも中国の影響でしょう。

 

 

タイも中国文化の影響を大きく受けている国ですし、

 

スペイン
アメリカ
中国
など、あらゆる国々の文化を織り交ぜているフィリピンらしい料理ですな♬

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00【完全予約制】
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。