ジェンダーレス社会◎男性のエステに偏見のないフィリピン人の大らかさに感激

2019年9月 フィリピン体験記No.42≫

 

 

セブとマニラでは5店舗のスパでマッサージを受けましたが、全てオイルトリートメントでした。
私自身がオイルトリートメント専門店を営業しているので、その勉強のためです。

 

 

5店舗とも男性である私のことを快く受け入れたのでホッとしました(ε`*)

 

 

なぜならば、、日本では、オイルトリートメントなどエステ系のサロンは女性専用としているお店が多いですよね。

 

 

マッサージの勉強のためにフィリピンに来たのに、
「男性お断り」
って言われたらどうしよう…と不安でしたから、フィリピンの人達の大らかさに感激したのです(*´∀`*)

 

 

 

今まで日本で受けてきたタイ式マッサージやエステ業界での男性差別は本当に屈辱的だし、忘れられません(怒)

 

 

 

 

IMG_6462

 

マクタン島でマッサージを体験した翌日 ホテルからアヤラセンターに向かう途中で撮影した路地

 

輝かしいリゾートのイメージが強かったセブですが、現実のセブはこのようにスラムのような区域のほうが立ちました。

 

 

良く言えば、自然に溶け込んだ生活が、現代でも根付いているのでしょう。

 

 

 

 

 

元来、人が生きていくうえでスキンシップは欠かせない要素です。

 

 

スキンシップ=セクハラ
このような風潮の強い日本の社会

 

 

逆に、フィリピンでは男性セラピストが女性にオイルトリートメントするのは当たり前です。
東南アジアだけでなく欧米諸国でも、基本的に異性が担当する場合が多いらしいです。

 

 

 

 

男と女

 

それが自然なんですけどね。。

 

 

日本のリアルに悲しくなりますよ(;_;)

 

 

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて『フィリピン旅行記』として投稿していました。

 

その『フィリピン旅行記』をサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン式とは?』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~25:30[完全予約制*不定休]

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
◆施術メニュー料金表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

◆アメーバブログ https://ameblo.jp/deliciosa-gracias/
↑ アメブロ限定クーポンが発行されている場合もございますので、お見逃しなく!