バナナケチャップは20円だし◎日本では非売品のココナッツビネガーも獲得!

2019年9月 フィリピン体験記No.49≫

 

 

セブ島唯一の大型ショッピングモール

 

ayala center cebu
〔アヤラセンター・セブ〕

 

 

セブ島に滞在した4日間のうち3日間は、アヤラセンターでショッピングしました。

 

 

アヤラセンター1階(向こうでは LEVEL.1 とカッコイイ言い方をします)にある大型スーパーマーケット
METRO AYALA で、いろいろ買い込みました。
ららぽーとの中にイトーヨーカドーがある…ようなイメージです。

 

 

ほとんどの製品は日本より安いし、特に”南国ならでは”の果物や製品はめちゃめちゃ安いです♬

 

 

 

 

面白かったのがケチャップ

 

 

トマトケチャップが30ペソ~50ペソ(約70円~120円)

 

バナナケチャップが8ペソ~30ペソ(約20円~70円)

 

Σ(^ω^;)トマトケチャップよりバナナケチャップのほうが何倍も安い!!

 

 

 

 

 

DSCF5543
こちらは、フィリピン渡航前に上野アメ横で、500円で買ったバナナケチャップ[写真内左側]

 

これとまったく同じ製品がアヤラセンターでは、なんと 20円で販売されていました!!!

 

日本のほうが25倍も高価Σ(^ω^;)

 

 

 

写真内右側に見えるのがPATIS〔パティス〕というフィリピンの調味料
タイのナムプラー,ベトナムのニョクマム,日本の「しょっつる」等と同じ 魚を発酵させて製造される,醤油よりも臭くてしょっぱい調味料です。

 

 

 

この二品をアメ横の地下街で買ったのが2018年6月中旬
フィリピンに渡航するより一年以上前です。

 

買ったばかりの頃(2018年6月下旬)
フィリピン風寄せ揚げ≪ウコイ≫を作った時に、バナナケチャップを添えてみました。

 

DSCF5548
ウコイにバナナケチャップを付けて食べました。

 

 

フィリピン料理書には、よく「バナナケチャップを使うため、フィリピン料理は”甘い料理”なのが特徴」と書かれていますが、その”甘さ”も「砂糖次第」な気がします。

 

バナナケチャップを使用して作るソースに砂糖を入れなければ、甘さよりも”酸味”が際立つからです。

 

 

写真内上部に見える物は、タイ産の酢です。日本の醸造酢と同じく<米から採った酢>です。

 

フィリピン料理では、ココナッツから採れる酢 ココナッツビネガーもよく使われるのですが、
アメ横に売っていなかったので(+o+)
代わりに新宿でタイ産の米酢を買ったのでした。

 

 

 

上野のアメ横でさえも売っていなかったココナッツビネガーですが、
さすが! 本場では売っていました\(^o^)/

 

 

『METRO AYALA』で買った二品
左側の製品がバナナケチャップ
IMG_6485
右側の製品がCOCONUT VINEGAR“ココナッツビネガー”

 

日本産の酢と比較するとココナッツのマイルドさが”ちょびっとだけ”感じられました。

 

まあ、だいたいの料理で<酢>は隠し味程度に使うものなので、日本で販売されている製品で充分間に合うかな…と感じる程度の差でした。

 

 

 

 

バナナが原料のバナナケチャップですが、
真っ赤に着色されているし色も香りも味も「バナナ感」はまるで感じられないですよぉ~

 

 

なんでも、戦時中に不足したトマトの代わりにバナナで代用して製造したのがその始まりだったと。。

 

 

 

 

洋風…アジア風…色とりどりで、ハロハロ(ごちゃ混ぜ)な国★フィリピンらしい売り場でした☆彡

 

 

◆帰国後一年以上経ってから受講したココナッツマイスター講座で
「日本ではココナッツビネガーは販売されていますかね?」
と質問してみましたが、、、

 

糖蜜などをブレンドしていない純粋なココナッツビネガーは…どうやら、売っていなさそうですね。。

 

ネット販売でさえも見当たりません(><)

 

 

 

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて『フィリピン旅行記』として投稿していました。

 

その『フィリピン旅行記』をサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン式とは?』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~25:30[完全予約制*不定休]

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
◆施術メニュー料金表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

◆アメーバブログ https://ameblo.jp/deliciosa-gracias/
↑ アメブロ限定クーポンが発行されている場合もございますので、お見逃しなく!