[避暑地バギオ伝説]ココナッツオイルが1㎏200円!??

2019年9月 フィリピン体験記No.51≫

 

 

セブ島唯一の大型ショッピングモール

 

ayala center cebu
〔アヤラセンター・セブ〕

 

 

セブ島に滞在した4日間のうち3日間は、アヤラセンターでショッピングしました。

 

 

アヤラセンター1階(向こうでは LEVEL.1 とカッコイイ言い方をします)にある大型スーパーマーケット
METRO AYALA で、いろいろ買い込みました。
ららぽーとの中にイトーヨーカドーがある…ようなイメージです。

 

 

 

 

『METRO AYALA』の青果売り場をこっそり iPhoneで撮影しちゃいました(ε`*)

 

IMG_2185

 

さすがは東南アジア(:^ω^:)
南国らしくココナッツやドリアン等の南国フルーツが盛り沢山並べられています。

 

 

『METRO AYALA』でショッピングしている日本人の姿もよく見かけました。

 

 

 

ココナッツオイルの香りの主成分「ラクトン」は、松坂牛などの高級和牛や、桃、バーボン、ワインにも含まれています。そう言われてみれば、ココナッツの甘く深みのある香りは、それらの香りとどこか似ている気がしませんか?

 

 

 

フィリピン産 食用ココナッツオイル
BAGUIO“バグイオ(バギオ)”
DSCF6157

 

日本では、カルディで912g入り1,000円ほどで販売されていましたが、フィリピンでは、これとまったく同じ製品が200~300円で販売されていました!!!

 

カルディで購入して食べてみましたら、ほんのり…塩味を感じました。
よく見ると『オーガニック』の認証マークが付いていなかった気がするので、人工的に加工されている製品なのかもしれません(^_^;;

 

 

日本でしたら、オーガニックのココナッツオイルでしたら900gぐらいなら3,000円以上しますから、いくら何でも安すぎますもんね。。

 

 

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽

 

 

Baguioはタガログ語で「バギオ」とも読み、フィリピンの都市の一つです。

 

バギオは、首都マニラのあるルソン島の北部にあるフィリピンで最も山深い地域。

 

 

アメリカ植民地時代(太平洋戦争時代)に避暑地として開発された都市です。

 

フィリピンの首都マニラが最も暑い時期(3月~6月)に政府機能がバギオに移された事もあり、フィリピンの他の地域と比べると涼しくて過ごしやすい地域のようです。

 

 

 

開戦序盤は日本軍に占領されたマニラですが、すぐにアメリカ軍に奪い取られてしまいます。

 

現代でも、フィリピンにアメリカ風のファーストフードがあちこちに見られるのは、その時代の名残りなのでしょう。

 

 

日本とアメリカの太平洋戦争に巻き込まれたフィリピンは、
戦争つながりで日本との関わりが深い
という悲しき現実があります。

 

 

フィリピンを語る際に、太平洋戦争は切っても切れない話題になってしまうのですね。

 

 

 

フィリピンで涼みたければバギオがお勧めですね。私は行った事ありませんが(^_^;)

 

悲惨な戦争を忘れることなく、平和の有難みを噛み締めましょう!

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00【完全予約制】
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。