”甘い料理”カレカレ食べてボンキュッボンなスタイルに?

2019年9月 フィリピン体験記No.59≫

 

 

Gusto ko ng lutong pilipino
「私はフィリピン料理が好きです」〔タガログ語〕

 

 

ファーストフード天国 フィリピン

 

アメリカの影響で氾濫するファーストフードのせいもあるのか、東南アジアの中では、フィリピンはボンキュッボンなスタイルの人達が多いですね(^o^;♡

 

 

あちこち屋台だらけで少量ずつ食べるスタイルが主流な感じに見えたタイとは違い、
フィリピンの場合は屋台よりも、一回一回の食事をボリュームたっぷりに食べるような印象でした。
※あくまでも、私が感じた主観です。

 

ボンキュッボンとは…俗に,女性の体型について、バストとヒップが肉感的でウエストが引き締まっているようなスタイルを指す言葉です。

 

 

 

 

セブ2日目は飲まず食わずでスパ巡りをしていたため、その翌日
セブ3日目はアヤラセンター・セブのレストラン巡りをしました(笑)

 

セブ島唯一の大型ショッピングモール
ayala center cebu

 

 

午前中は『SUNBURST FRIED CHICKEN』でルンピアとハロハロを食べ、午後は
『Kuya J』というレストランで、これも定番…というよりも”王道”という表現が相応しいフィリピン料理を注文しました。

 

 

 

ピーナッツの味が濃厚な南国風煮込み料理
オックステイルのピーナッツソース煮

 

Kare-Kare “カレカレ”

 

IMG_6476

 

 

Gusto kong kumain ng kare-kare
「私はカレカレを食べたいです」〔タガログ語〕

 

 

スペインから持ち込まれた煮込み料理『ADOBO〔アドボ〕』と並んで、フィリピンの人気料理であるkare-kare

 

バナナケチャップの調味により甘っこい料理が多いフィリピン料理ですが、このカレカレも、ピーナッツソースがたっぷり濃厚でかなり甘っこかったです。

 

ナス、インゲン
大きめのココナッツロング 等が入っています。
オックステイルの柔らかさがvery good!

 

365ペソ(約800円)
ボリューム満点濃厚なので高くはないですね。

 

 

 

 

 

 

帰国後に、カシューナッツと鶏肉を使って、カレカレっぽい煮込み料理を作ってみました。

 

IMG_0213 カレカレ風

 

だいぶ違いますけど(笑)これはこれで美味しかった♬
人参やグリーンピースもごろごろ入れました。

 

 

 

 

カレカレのレシピ通りにチャレンジしてみた事もありましたが…
上手く作れなかったので(><)写真掲載は省略しますwww

 

カレカレのベースとなるピーナッツソース
煎ったピーナッツをすり潰して加えるのが正統派ですが、私は、市販のピーナッツバター(無糖タイプ)で代用しました。

 

とろみ付けには、きつね色になるまで煎った米をすり潰したものを使うのが正統派。
これはチャレンジしてみました!

 

潰し方が足りなかったのか,米の粒々が残ったしとろみも付かなかったし(><)

 

 

いつか、電動ミルを購入したりしてリベンジするしかありませんな!

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。