一人旅を救ってくれたキャンディ(飴玉)

2019年9月 フィリピン体験記No.69≫

 

 

セブ最終日の4日目は
アヤラセンターのJOLLIBEEでハンバーガーセットを食べ
Baan khun thai で21歳のフィリピーナ Joyちゃんにマッサージを受け
アヤラセンターに戻り、中華風レストラン『TSIM SHA TSUI』で食事して
あとはショッピングして過ごしました。

 

 

 

アヤラセンター4階〔Level.4〕の噴水広場
IMG_0010_

 

1日居ても飽きないほど広大なショッピングモールなので、セブ滞在4日間のうち3日をアヤラセンターでほぼ過ごしたようなものでした。

 

歩き疲れた時は、このような広場でベンチに座り、くつろいだりもしていました。

 

 

 

今回のフィリピン一人旅では、意外なモノが、どこに行く時でも役に立ちました。

 

ろくに言葉が通じない中では、どこに行くにも
ちょこっとした買い物やコミュニケーションでさえも神経を遣います。

 

ましてや危険な国フィリピン
常に緊張感ピリピリさせて用心していました。

 

 

小腹がすいたらちょぃとコンビニとか自動販売機へ…と、日本みたいに気軽に済ませるというわけにもいかないのです。
※そもそもが自動販売機は(防犯の為)まったく設置されていない!

 

 

どこに居る時でも
航空機の機内でさえも
小腹を満たしてくれたもの

 

それが

 

キャンディ(飴玉)ですψ(`∇´)ψ

 

IMG_6856 キャンディ
↑ これは、フィリピンに持参した物ではありません。帰国してから2年後(2021年11月)に、コロナワクチンの副反応で寝込んだ場合に備えて買い込んでおいたキャンディとオレンジジュースです。

 

 

 

フィリピンではさすがにこんなに沢山持って行かなかったですが(笑)
『クエン酸ソーダ CANDY ライムソーダ&レモンソーダ』という商品名のキャンディを持参しました。

 

もっと長旅だったら、コロナワクチンの時ぐらい大量に持参しても無駄にはならないはずです。

 

それぐらい助かりました!

 

 

 

タイの屋台は何ヵ所かで食べましたが、フィリピンの屋台はなんだか汚らしくて食べる気しませんでした。
すっごく衛生状態悪そうです(;_;)

 

 

だからこそ! どこででも小腹を満たしてくれるモノは持参すべきですね!

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。