独立の立役者 ホセ・リサールとラプラプの英雄伝説

2019年9月 フィリピン体験記No.97≫
***マニラ編 No.24***

 

 

マニラ2日目は正午12時に『Hotel Juliano』を出発して、13:20に『SM MALL OF ASIA』に到着。
19:40に『SM MALL OF ASIA』を出発して21:10に『Hotel Juliano』に到着。
23:40~5:10まで就寝して迎えたマニラ3日目。

 

 

いよいよフィリピン一人旅も最終日

 

ホテルのcheck-outから航空機出発時刻まで時間がたっぷりあったので、その空き時間を利用して『リサール公園』に行けたのでした。

 

 

1896年に勃発したフィリピン革命で、スペイン政府により銃殺刑で抹殺されたホセ・リサールが眠る公園

 

 

 

 

リサール公園に立てられているラプラプの像

 

IMG_0007

 

ラプラプとは…

 

あの、歴史上の伝説的な探検家 マゼランを倒した英雄なのです!!!

 

 

 

セブのマクタン島にて、マゼランとの激闘の末勝利してあと
ラプラプも戦死してしまいますが、フィリピンの英雄として、今でも「ラプラプ」と名付けられた高級魚がマクタン島の市場で売られているらしいです。

 

 

 

 

 

1521年に上陸したマゼラン率いるスペイン軍
1571年にマニラは陥落して、以後400年近くスペインに統治される。

 

1860年代 スペイン本国に内乱が発生し、その騒動に並行するかのように、フィリピンでは自由獲得運動が盛んになったりキリスト教徒の分裂など、騒然とした雰囲気になってきました。

 

スペイン政府は独立運動の首謀者であるホセ・リサールを処刑するなどしましたが、反スペイン運動は抑えきれず、
長かったスペイン統治の時代は終焉を迎えます。

 

 

IMG_0009

 

 

1898年
アメリカ大艦隊がマニラ港に侵入。

 

スペインとアメリカ
米西戦争の末、アメリカが勝利し、フィリピンを占領することとなる。

 

 

以後、太平洋戦争で日本軍に奪われるまで
フィリピンはアメリカナイズされた国に塗り替えられていったのです。

 

公用語がタガログ語だけではなく英語が加えられたのも、アメリカの侵略主義による教育のためです。

 

 

 

海外へ渡航する際にはこのような歴史を勉強しておくと、その国への意識も変わり、より充実した旅になりますね。

 

 

 

ホセ・リサール
ラプラプ

 

旅の最後にこの英雄二人の歴史を垣間見ることができたので、
充実した旅になりましたよ~ψ(`∇´)ψ

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。