イントラムロスで、フィリピン国名とニノイ・アキノ空港の由来に心を痛める

2019年9月 フィリピン体験記No.98≫
***マニラ編 No.25***

 

 

いよいよフィリピン一人旅も最終日

 

ホテルのcheck-outから航空機出発時刻まで時間がたっぷりあったので、その空き時間を利用して『リサール公園』と『イントラムロス』に行けたのでした。

 

リサール公園の、歩いてすぐ先にイントラムロスがあります。

 

 

 

スペイン統治時代の面影を色濃く残すイントラムロス

 

 

『フィリピン』という国名は、スペインの王 フェリペ二世から付けられたと言われています。

 

 

大航海中のマゼラン〔本人はポルトガル人ですがスペイン王の命を受けていた〕が1521年に訪れて以来、約400年間 スペインに統治されてきたフィリピン。

 

 

==フィリピンの文化に最も影響を与えた国スペイン==

 

 

同じくスペインから出航したコロンブス〔イタリア出身だがスペイン王女の援助を得る〕が中南米カリブ海の諸島に最初に上陸したのは1492年のことでした。

 

 

 

 

イントラムロスとは…
16世紀のスペイン統治時代。
スペイン人が、フィリピン統治の根拠地としていた城塞都市

 

 

スペイン時代の面影を残す内部は大使館などが数多く立ち並んでいて、撮影すると連行される危険性がありそうな気もするので!? スペイン統治時代に12の教会や大学・病院などを守っていた城壁のみ撮影しました。

 

 

イントラムロスの城壁です。

 

IMG_0010

 

 

 

1898年
アメリカ大艦隊がマニラ港に侵入して、
スペインとアメリカの米西戦争が勃発!

 

アメリカが勝利し、長かったスペイン統治時代は終焉を迎える。

 

 

以後、フィリピンはアメリカナイズされた国に塗り替えられていくのですが、太平洋戦争の序盤 1942年に日本軍がフィリピンを奪回!

 

戦況が長引く中で戦力が急低下していく日本軍は、1945年に再びアメリカに奪回される。
終戦後 フィリピンは独立を果たすもののアメリカ主導型の政権は続き、波乱の政治ドラマは絶えない。

 

 

1983年8月にベニグノ・アキノ元上院議員が暗殺されたり、
2010年5月には、その「アキノ」の3世が大統領に就任したり…

 

マニラのニノイ・アキノ空港の名称の由来でしょう。
日本人っぽい名前には、日本に侵略されていた歴史を感じさせますよね。

 

 

 

キャリーケースを引きながらの見物だったので、のんびり見物できなかったのは残念でしたが、リサール公園とイントラムロスが目的でエルミタ&マラテ地区のホテルに宿泊したので、これで最終目的も達成できました\(^o^)/

 

 

 

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて『フィリピン旅行記』として投稿していました。

 

その『フィリピン旅行記』をサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン式とは?』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
◆施術メニュー料金表 https://cocobuko.shop/price/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

◆アメーバブログ https://ameblo.jp/deliciosa-gracias/
↑ アメブロ限定クーポンが発行されている場合もございますので、お見逃しなく!