危険なだけじゃない●イントラムロスの親切なガイドさん

2019年9月 フィリピン体験記No.99≫
**マニラ編 No.26《マニラ最終章》**

 

 

いよいよフィリピン一人旅も最終日

 

ホテルのcheck-outから航空機出発時刻まで時間がたっぷりあったので、その空き時間を利用して『リサール公園』と『イントラムロス』に行けたのでした。

 

リサール公園の、歩いてすぐ先にイントラムロスがあります。

 

 

 

スペイン統治時代の面影を色濃く残すイントラムロス

 

約400年間 スペインに統治されてきたフィリピン。

 

==フィリピンの文化に最も影響を与えた国スペイン==

 

 

 

 

イントラムロスとは…
16世紀のスペイン統治時代。
スペイン人が、フィリピン統治の根拠地としていた城塞都市

 

 

 

イントラムロスの城壁だけ撮影しました。

 

IMG_0011

 

外敵からの攻撃・侵入を防ぐためのバリケードのような役割があったのでしよう。

 

 

 

 

この城壁の前で声を掛けてきたさわやか風の彡イケメンガイドさんがいました。
またしても、イントラムロスのガイドのようです。

 

「No! Thank you」
と何回も断ったのですが、荷台付きの自転車でしつこく追いかけてきてwww

 

 

私が引きずっているキャリーケースを見て、空港へ向かうことが分かったようで
ガイドする代わりに100(約230円)ペソでタクシーの手配をする

という条件で交渉成立しましたψ(`∇´)ψ

 

 

そのまま逃げられたとしても「100ペソならいいっか」と諦めがつくし、
この辺りの道路も渋滞ばかりだし危なっかしい運転(車間への割り込みなど)する人もいっぱいいる。

 

日本みたいに安全にタクシーを呼べるだろうか?

 

不安だったし、体調も優れなくて早く空港に行って一息つきたかったので、お願いしちゃいました(ε`*)

 

 

荷台に私とキャリーケースを乗せ、必死で自転車をこぎながら! 一生懸命タクシーを探してくれました。

 

渋滞しているタクシーの運転手に大声で
「エアポート! エアポート!!」
と叫ぶように大声で呼びかけて、やっと止まってくれました。

 

 

タクシー見つけるのも大変そうでΣ(^ω^;)
お願いして大正解でした。

 

 

お陰様で無事にニノイアキノ空港に辿り着けました\(^o^)/

 

 

 

 

ガイドブックには、
「フィリピン人に話しかけられ仲良くなった末にトラブルに巻き込まれる事件が多発している」
という注意書きがありましたが…

 

確かにフィリピンは治安の悪い国だけど、
親切な人達もたっくさん居るし、不信感で疑ってばかりいても、つまらない旅行になっちゃいますよ~

 

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

◆帰国直後の2019年10月にインスタグラムにて投稿していた『フィリピン一人旅シリーズ』を、
翌年(2020年)6月~8月にインスタからコピペして、こちらホームページにて投稿していました。

 

『フィリピン式』を謳う当店ですので、
「どんなところがフィリピン式なのか?」を示せるようにサロン向きに再編集しているものが、今シリーズの『フィリピン旅行記』です。
※つまり、旅の記録は新型コロナウイルス騒動前の記録です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。