”ドケルバン病”腱鞘炎などで多くの施術者が潰されていくサロンの現状

開業前の私は、あちこちのサロンに勤務している中でごっつい男性客相手に揉みほぐす施術を重ねていくうちに親指がドケルバン病(狭窄性腱鞘炎=重度の腱鞘炎)を患ってしまいました(><)

 

 

そのため、一時期は業界からも引退して、、方向転換をすることに!
女性のお客様がお相手のエステを志すようになったのです。

 

 

そもそもが、女性と男性では筋肉の付き方がまるで違います!
男性客がお相手では、無理してでも圧を掛けないと通用しないこともあるんですね。そのため、指への負担も大きい…。

 

 

 

 

 

開業初期の頃に、横浜市戸塚区よりご来店されましたM様(40代前半)

 

ご友人から
「男性のオイルマッサージすっごく良いから受けてみな!」
とお勧めされていた頃にInstagramで当店を発見されたそうで、ご来店していただけました。

 

 

 

コンビニの店員さんで遅番を担当されていて(当時)夜勤の激務により肩や背中もガチガチに凝っていらっしゃいました。

 

初回ご来店時に施術直後に頂戴しましたご感想です。

 

 

 

013M様40代前半①コンビニ店員

 

 

肩がすごく凝っていて辛かったのですが、終わったあとはすっごく軽くなりました。
また、男の人にしていただくのは初めてでしたが、力加減もちょうど良くて180分あっという間でした。
「もっと長いコースがあったらな」と思ってしまうくらい気持ち良かったです。
また、お願いしたいです。
ありがとうございました。

 

 

 

 

3時間にプラスしてご延長していただけました☆
初体験の男性セラピストにご満足いただけたご様子で、安心しました♪

 

ご友人がおっしゃっていたことは本当だったでしょ?笑 ^ ^
凝りもほぐれて軽くなって良かったですね♪

 

 

 

 

別のお客様から伺った本音
「男性スタッフに対してのほうが、もっと強くして…って言いやすいんだよね~」

 

このお言葉に表れています通り,
女性スタッフよりも男性スタッフのほうが強圧を期待されやすいのですね。

 

 

 

 

 

指を痛めるのは圧の掛け方が悪い!
技術が未熟だから (`_´)
と苦言を呈する人もいます。

 

間違ってはいないと思います。

 

 

反論するわけではありませんが(反論したい本音もありますが笑)サロン勤務していると、そうせざるを得ない環境なんですよ。。

 

 

(`_´) まず,指導者が未熟すぎる!

 

お客様の要求通りにやることしか指導しない(+_+)

 

そもそもが指導者自身が”正しいコリのほぐし方”などをきちんと勉強していない人が多過ぎること(>o<)

 

 

 

どこのサロンにもルールがあります。
ルールを守らないスタッフは必要ありませんからクビにされるだけ(-_-)

 

(たとえ一定期間でも)そこのサロンで続けていきたいと思ったら、言われた通りにやるしかないんです。

 

 

 

多くのスタッフが指を痛めて引退していきます。

 

せっかくの才能を、未熟な指導者と劣悪な環境により潰されていく…
それがリラクゼーション業界の現状です。

 

だから、ある程度キャリアを積んだら開業するしか道はありませんよね★

 

 

男性相手に鍛錬を積んだワザで、M様の凝りもしっかりとほぐして差し上げましたよ(^ ^) ありがとうございました。

 

 

 

 

お客様より「掲載して良い」と許可をいただいたアンケートのみ掲載させていただいております。
※より本音を書いていただくために、施術者がいない場所にてご記入をお願いしております。なのでヤラセ一切なし!!! 正真正銘のご感想です。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。