マニラで逮捕のピンチ!? 危険なエルミタ&マラテ地区でのヒヤヒヤ体験

▼令和5年3月頃までは、藤沢市長後にひっそりと佇む”お気軽な古っぽい”民家タイ式オイルトリートメント専門店『ハロハロ』
▼令和5年4月頃~同年7月末までは、横浜にも出張アロマリラクゼーション『スウィートシュガー』
▼7月末で当ホームページは閉鎖します!
[男性スタッフによる女性専用の施術とブログ]

 

 

 

実は、セブのマクタン空港からマニラ行きの国内便に乗車する時、乗り遅れそうなピンチでしたΣ(=ω=;)

 

乗車予定の搭乗ゲート前に座って待機していたのですが、英語でアナウンスが流れたと同時に、他の大勢の人達が移動を始めたのです!
英語が聞き取れなかったために状況が飲み込めずそのまま待機していたら、案内カードを持った係員がウロウロ歩いていました。

 

それを見てなんとなく…状況が把握できて、
その係員に乗車券を見せたら
搭乗ゲートが変更になっていたらしくΣ(^ω^;)

 

急いで移動しました!

 

案内カード持って歩いてくれなかったら乗り過ごすところだった…
危機一髪!!!

 

 

次 渡航する時は、もっと英語勉強しておかないとね(^_^;;

 

 

 

 

私が宿泊した地区は、メトロ・マニラの中でも比較的治安が悪いと言われている
マニラ地区
エルミタ&マラテ地区

 

あちこちにポリスが立っていて
常にパトカーのサイレンの音が聞こえて

 

常にどこかで何かが起きている
危険な雰囲気を感じました。

 

 

あえてこの危険な地を拠点に選んだのは、イントラムロスを見物したかったからです。

 

スペイン統治時代の面影を色濃く残すイントラムロス

 

 

 

セブでマッサージとショッピングを堪能して
マニラでは戦争を学ぶ
予め練り込んでいた旅の計画でした。

 

 

 

 

IMG_0028 縮小98%
ここは大通りのロハス通りですが、撮影した直後にトラブル発生Σ(´д`;)

 

 

リサール公園やイントラムロスが目的でエルミタ地区に宿泊したので、
ロハス通りの目の前に見える建物をリサール公園の入口だと思い込み写真撮影したら、
そこの警備員?みたいな男に注意され、
(`_´)「カメラNG!」(撮影禁止!!)

 

写真の削除を命じられ、連行されてしまったのですΣ(=ω=;)

 

 

幸い、パスポートをチェックされたりしたものの
罰金とかカメラ没収とかにはならず、
ひたすら
「sorry!」
と謝って見逃してもらえました。

 

 

「やっぱり、戦争と関わる場所を見物気分で撮影しちゃいけないんだな…」
と反省して、
イントラムロスは諦めようとしていましたが…

 

あとで調べたら、道を間違えていたようでΣ(^ω^;)

 

撮影した建物はアメリカ大使館だったのだ!!

 

 

そりゃ、撮影はまずいわな (^◇^;)

 

 

幸いにも、マニラ滞在中にその間違いに気が付いたので、
最終日に
リサール公園
イントラムロス
両方とも行けましたよ~(´▽`)

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!