「安全なのは日本,幸せになるならブラジル」異国風サロンで息抜きしましょう♫

最初に海外に憧れたのが2007年(平成19年)

 

なんとなく
美食の国
美しい街並
というイメージの強かった
フランス
イタリア
に憧れてみました。

 

※「みました」ってところが、「ただの憧れ」という曖昧な気持ちを表していますね笑

 

 

 

 

寒いのが大っ嫌いな私(×_×;)

 

翌年 2008年(平成20年)
東南アジアなどの暑い国に強く憧れるようになりました。

 

大きく路線変更したわけですね!

 

 

 

2007年までボクシングジムに6年間通っていました。
そのボクシングを引退した事を切っ掛けに新たな夢を抱き始めたのです。

 

それが海外でした!

 

 

それまでは外国に行ったことなんてないし、安全な日本に留まることしか考えてなかったんですけどね…
何が転機になるのか分からないものです。

 

 

 

 

毎回、施術写真撮影を依頼しているプロの女性カメラマン「エリ」さんは、ブラジルと日本のハーフで、日本語もお上手でおキレイな方です♡

 

いつも撮影の細かい要求も聞いてくださって感謝申し上げます。

 

 

地元サンパウロの写真を送ってくれました☆キレイですね~
JJEH9020

 

「日本とブラジル、どちらのほうが住みやすいですか?」
とエリさんに質問してみました。

 

その質問にエリさんは
「便利なのは日本。でも、幸せになりたいならブラジルかなぁ」
と答えてくれました。

 

 

私がフィリピンに行って感じたことと同じような事をお感じになっていたようです。

 

日本は安全で便利だけど、規則やら偏見やらでおカタイ風潮が強くて…そのせいで、居心地が狭く感じられる事がありますね。

 

 

日本の社会に息苦しさを感じた時こそは!
異国風サロンの当店Haloーhaloで息抜きしましょう♬

 

 

Muito obrigado!
「どうもありがとう!」

 

 

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽

 

 

私はと言うと2008年10月
横浜で開催された『タイ・フェスティバル』のステージで
“”世界最強の格闘技””
ムエタイの演武を見て、衝撃を受けたのです!

 

2年後の2010年(平成22年)からムエタイジムに3年間通い格闘技界にカムバック!

 

ムエタイも切っ掛けになり、
タイ その諸国 東南アジアへの憧れも強くなりました。

 

 

 

私は、20代の若かりし頃に最も好きだったものは
◇ボクシング
◇料理
でした。

 

料理人に憧れつつも、結局「料理」は趣味として楽しみながら10年以上の長い年月<食品工場>に勤めていました。

 

長い工場勤務の退職を決めたのがタイ古式マッサージでした!

 

自分の歴史と元祖に立ち還りながら『フィリピン式』も学ぼうという決意で! タイに続いてフィリピンにも渡航したのです。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】11時~最終受付23時[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉店します!