タピオカのような◎モチモチ肌◎もちもち食感◎を目指すエステ

▼令和5年3月頃までは、藤沢市長後にひっそりと佇む”お気軽な古っぽい”民家タイ式オイルトリートメント専門店『ハロハロ』
▼令和5年4月頃~同年7月末までは、横浜にも出張アロマリラクゼーション『スウィートシュガー』
▼7月末で当ホームページは閉鎖します!
[男性スタッフによる女性専用の施術とブログ]

 

 

 

猛烈な酷暑だった今年の夏は残暑もしつこかったですね~汗
それゆえに、お客様にタピオカドリンクをお出ししようか真剣に悩みましたよww
IMG_8351 美乳タピ⑥

 

 

女の子達を中心に何回もブームを巻き起こしているタピオカドリンク
コロナ禍により閉店が相次いで(+o+)
原宿にあったタピオカ屋さんの9割ほどは閉店に追い込まれたと聞きました!

 

自宅で再現できないだろうか?
ってことで、自分でタピオカドリンクを作ってみました!

 

 

 

不思議なもちもち感が魅力のタピオカ
あの食感を生み出している原料は何かご存知ですか?

 

 

タピオカだけではなくてミスドの人気商品〈ポン・デ・リング〉の原料でもあるのです!
DSCF2954
ちなみに、ブラジル発祥の『ポンデケージョ』は、このポン・デ・リングの元祖と言われています。

 

その正体は!?
ココナッツやバナナと同じく〈南国の産物〉なのでした☆

 

 

あのモチモチしたタピオカの原料はキャッサバです。
キャッサバはアマゾンなど熱帯雨林の根菜の一つで、澱粉の材料になります。

 

ブラジルでは「マンジョオカ」や「マニオク」

 

それ以外のペルー等の南米諸国ではYUCA(ユカ)と呼びます。

 

 

白色の芋〔近年は日本でも栽培されているようです〕であるキャッサバ芋をそのまま粉末にしたものがキャッサバ粉です。このキャッサバ粉で、あのもちもちした””タピ活””が生み出されるわけですね♫
このモチモチ感は他の食材ではなかなか生み出せませんね♪

 

 

IMG_8338 ブラックタピオカ
ブラックタピオカは一晩ほど(夏場は3~4時間ぐらい)水に浸しておくと、茹でる時間を短縮できます。

 

浸したあとは30分ほど茹でればOK!

 

茹でたタピオカはモチモチしていて、表面に粘着性があるのでタピオカ同士でくっ付かないように水に浸しておきましょう。
IMG_8257 タピオカ

 

 

浸した後は水気をよく切って、タピオカドリンクの中に入れて沈めるだけ
<タピ>できますよ♫
IMG_8350 美乳タピ⑥
タピオカブームは終わらせない!

 

 

キャッサバ(タピオカ)のようなもちもち肌を当店の施術で目指しましょう♫

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!