リラクゼーション業界デビュー前のヨーグルト食品工場秘話

三月頃まではマット(布団)で行なうタイ式オイルトリートメント☆キャンペーン実施中の当店『ハロハロ』
施術スタッフも、その布団を敷いた施術室で暮らす生活を送ることにより、光熱費を節約しながらも尚且つ一日中 施術室を暖めることが可能になりお客様に寒い想いをさせずに済むわけです♫

 

今年の冬は施術室に引きこもりながらキャンペーンご奉仕するスタッフの冬眠生活をブログに書き綴ろうかと思います。

 

 

∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽・∽

 

 

私は、リラクゼーション業界にデビューする前は食品工場で10年以上働いていました。
まるっきり真逆の業界に長年いたわけです。

 

 

▼ヨーグルト製造の工場に一年
▼デニーズなどファミレスの厨房で使うための業務用ソースを製造する工場で10年近く
勤務していました。

 

接客もなくて閉鎖的な空間の中で単調な作業を繰り返す日々…

 

 

ヨーグルト工場では『ビヒダス』プレーンヨーグルトのラインを担当していました。スーパーでよく目にしますよね^ ^

 

IMG_0473ビヒダス
これはヨーグルトチーズを作っているところ。ボウルに置いたザルにガーゼを敷き、そこにプレーンヨーグルトを置きます。
△ヨーグルトチーズはカッテージチーズの代用として使えます。

 

 

ガーゼで包み込んで重しを載せ、数時間そのまま放置して水切りすればOK!
IMG_0474ビヒダス

 

 

 

日本では「ピーマンの肉詰め」という料理がありますが、それと似ている料理がメキシコに存在します。

 

メキシコ産唐辛子(形の大きいチレ・アンチョがお勧め)を筒状にして(筒状になっていないチレは、片面をハサミで切り込みを入れる)フィリングを詰める。

 

◇フィリングは、茹でて潰したじゃが芋に 別の鍋で炒めておいた玉葱(みじん切り)やパクチーの茎,酢漬けハラペーニョなどを混ぜ合わせて、お好みに調味しました。ブラックオリーブも混ぜ込んだり、お好みでどうぞ♫

 

 

お好みのソースで煮込んでヨーグルトソースを散らせば出来上がり
IMG_6912 チレ
日本の家庭でも作りやすいようにアレンジしていますよ^ ^

 

 

 

<ヨーグルト工場の思い出>
ゴミ廃棄物処理場に、廃棄処分となったアロエヨーグルトが大量に捨てられていて、遅番勤務中で上司もいない時間帯だったので、こっそり10個ぐらい食べたらお腹壊したww
自業自得やねんww

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!