元祖タイ式だけどセブ島デザート『レチェ・フラン』を作るスイーツ男子

女の子が甘いスイーツを食べている瞬間のような至福の時間をご提供したい
というキャッチフレーズを掲げて
タイ式マッサージ&ロミロミ『SweetSugar』という店名で2016年5月に開業した当店

 

 

 

2019年11月よりフィリピン式ボディエステ『Halo-halo』に改名してリニューアルしたものの
フィリピンで体験したスパはタイを基にしているものが多く,結局はタイ式をベースにしたまま現在に至っております。

 

 

『女の子が甘いスイーツを食べている瞬間のような至福の時間をご提供したい』も継承していますが、そんなキャッチフレーズに相応しいデザートをセブ島で食べてきましたよん♡

 

 

 

元々はスペインのデザートで、長い間スペインの統治下にあったフィリピンにも持ち込まれてポピュラーなデザートになったカスタード・プディング
Leche Flan”レチェ・フラン”
IMG_6477
日本でお馴染みの『プリン』と異なる点は、コンデンスミルクとエバミルクをたっぷり使用するところ…かな♡

 

日本の「ぷるんっぷるん」のプリンと比べるとやや固めで濃厚な味が特徴。私はレチェフランのほうが好きです♡

 

レチェ・フランはスペインの修道院発祥と言われているデザートです。
コロンブスの大航海時代も含め、世界中に布教をする修道士、修道女によってお菓子の文化が世界中に影響を与えていくこととなります。

 

 

 

ややアレンジして作ってみました!
IMG_6747 レチェフラン
本場式のレシピはエバミルク(無糖練乳)とコンデンスミルク(加糖練乳)が同量ですが、コンデンスミルクを減らして「甘さ控えめさっぱり系」にアレンジしました。

 

 

オランダ産コンデンスミルクを使っています。
IMG_6706 コンデンスミルク

 

鍋に
●牛乳 350cc
●エバミルク100cc
●コンデンスミルク大さじ2
●グラニュー糖大さじ1
●バニラビーンズ 1/3本
を入れて火にかけてふつふつして、沸騰する前に火を止める。

 

 

ボウルに移して冷ます。

 

 

溶き卵4個を加えて濾せば、なめらかなプリン液になります☆

 

 

 

カラメルソース作りが難しかったです!
IMG_6717 カラメル
煮詰め過程で砂糖が固まり鍋肌にこびり付いたり(+o+)

 

カラメルは、出来上がり直後は軟らかくても、冷やすと急激に固まるので…ちょっと軟らかめのうちに仕上げておくのがちょうど良いんですよね。。
カチコチになると、どんなに頑張っても型から外せなくなります(+oT)

 

 

現在のトルコに栄えたイスラムの覇者『オスマン帝国』は、精巧な砂糖細工で知られていました。1720年 トルコの画家レヴニが、アメフト3世の息子の割礼(かつれい)を祝う場面を描いた時、庭園を象った巨大な模型は全て砂糖で作られていた…という伝説が記録に残されています。そして、その砂糖で作られた模型は非常に重く、1つを運ぶのに18人の人手が必要なほどだったらしいです!

 

 

スペイン修道院の女性達が作るプリンは格別に美味しいと言われています…が、永久に食べる機会は無いでしょうww

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!