スパだけじゃなくて米料理も”ごちゃ混ぜ”ハロハロなフィリピン

タイ式マッサージ&ロミロミ『SweetSugar』という店名で2016年5月に開業した当店

 

 

 

2019年11月よりフィリピン式ボディエステ『Halo-halo』に改名してリニューアルしたものの
フィリピンで体験したスパはタイを基にしているものが多く,結局はタイ式をベースにしたまま現在に至っております。

 

 

 

とは言うものの形式上は〖フィリピン風エステサロン〗を経営している私。
フィリピンは400年ほどの長い間スペインに侵略されてきた歴史があり、現代でも、建造物や食文化などにスペインの影響が色濃く残っています。

 

スペイン料理の名を残しつつフィリピン風にアレンジされ、れっきとしたフィリピン料理として確立している料理も数多く見られます。

 

 

スペイン料理と言えば!?
何と言っても Paella が王道ですよね
IMG_0125 パエリャ
専用のパエリア鍋を使って本格的に作りました!

 

 

パエリャは基本的にサフランで着色しますが、代わりに、フィリピンで購入していた『アツエテ』という「ベニノキの種子」で着色しました。

 

日本ではサフランって高価ですが、本場のスペインでも高価みたいで、、一般の家庭ではあまり使われないらしいのです。パプリカパウダーで着色することのほうが多いらしいですね。。

 

パエリャは「パスタのアルデンテのように少しばかり芯を残して炊き上げる」のが通説ですよね。(それぞれ好みはあるでしょうが)

 

 

アルミホイルで蓋をして蒸し焼きにしながらお好みに炊き上げましょう♫
IMG_0123 パエリャ
タイのもち米を使っています♫

 

フィリピンにはもち米を使って日本の「おこわ」のように粘り気のあるパエリャが存在します。

 

 

パエリャは「米は洗わずに、具材と一緒に炊き込む」調理法が通説ですが、フィリピン風パエリャは「すでに炊いた米を炒めた具とソースに加える」というチャーハン焼きめし のような調理法なのが特徴です。
これをスペイン式に「炊いていない米と具を一緒に炒め煮して炊き上げる」作り方で作ってみました。

 

 

タイのもち米入りパエリャ
ARROZ A LA VALENCIANA
アロス・ア・ラ・バレンシアーナ
IMG_6514 Paella
Arroz=スペイン語で「ごはん」の意味

 

「バレンシアーナ」こそは! パエリャ発祥の地スペインのバレンシア州のことですね。

 

玉葱,ピーマンなどお好みの具材を炒めてからタイもち米を加えて、スープを注ぎ入れて煮詰めます。
レーズンを入れるところがフィリピンっぽいんですよね(^o^)

 

 

 

フィリピンなんだか
タイなんだか
ハロハロ(ごちゃ混ぜ)サロンへようこそ♫

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!