「安かろう悪かろう」のカルローズライスだけどライスサラダには最適

施術モデルを務めて下さった女性はプエルトリコとアメリカ(ペンシルベニア州)のハーフ
とっても可愛らしい黒人系25歳 まりえさん♡

 

 

『フィリピン式』を謳っている当店ハロハロに最適の女性でした!

 

なぜならば…
フィリピンとプエルトリコはスペイン帝国の植民地支配下にあった国という歴史の共通点があるからです。

 

 

 

スペインの統治下にあった国
歴史的にスペインと繋がりのある文化、民族、国家,スペイン語を話す地域の人々
これらの総称をHispanic(ヒスパニック)と呼びます。

 

その語源はラテン語のHispanicus (ヒスパニクス)
イベリア半島の地域を示すHispania(ヒスパニア) から派生した語らしいです。

 

 

中南米~南米地域を指す言葉に「ラテン系」がありますよね。
ヒスパニックとはどう違うのでしょうか?

 

Latino(ラテン)は地理的基準から区分した呼称なので、南米のブラジルを含み、一方でヨーロッパのスペインは含まれません。

 

一方のヒスパニックは「話す言語による区分」なのでヨーロッパのスペイン出身の人々も含まれますが,ポルトガル語が公用語のブラジルは含みません。

 

 

まりえさんはヒスパニック系でありラテン系でもある 両者に属していますね♡

 

 

 

 

東部のペンシルベニア州とは反対に
西岸カリフォルニアにはカルローズライスというお米が存在します。

 

IMG_0344 カルローズ
パスタのように10分ほど茹でるだけで食べることができるのでライスサラダにも最適なカルローズライス

 

タイ米と日本米の中間の性質があると言われ、リゾットにも適しています。

 

 

⁡⁡季節外れですがww
このカルローズライスを使って、暑い日に最適なライスサラダを作りました(^ ^)

 

⁡⁡ガスパチョは冷えていないと美味しくないですね。生温かい状態なら、思いっ切り熱して「ほっと温まるトマトスープ」に仕上げたほうが良いでしょう。

 

 

 

余談ですが、、温暖なプエルトリコで育ったまりえさんなので、日本の寒さには驚いていましたよ(~o~)

 

 

 

〈スペイン三大料理〉の一つと言われているガスパチョにカルローズライスをプラスしたのです! 通常、ガスパチョには米は入れませんが、これは米を加えるアレンジバージョンです。
IMG_0433 ガスパチョ
⁡⁡▲仕上げに、細かい角切りにしたキュウリと赤パプリカを飾り、オリーブオイルを回しかけました。

 

 

日本でお馴染みの「冷製トマトスープタイプ」はスペイン人であったナポレオン3世夫人のウージェニーが世界に広めたと言われています。

 

Gazpacho(ガスパチョ)と言えば『冷製トマトスープ』を思い浮かべる方が大半だと思いますが、元々は「トマト」に限定していなかったのです。「固くなって砕いたパンをベースにしたスープ」の総称として『ガスパチョ』という名称が用いられていたようですね。

 

 

 

〈スペイン三大料理〉
一,パエリャ
二,トルティーヤ(スペイン風オムレツ)
三,ガスパチョ
と言われています。
(誰が決めたのかは知りませんが笑)

 

 

 

 

下記の材料すべてブレンダーで攪拌すれば『ガスパチョ』の出来上がり!
◇トマト2個(皮むいてざく切り)
◇キュウリ1/2本(皮むいてざく切り)
◇赤パプリカ1/2個(ざく切り)
◇ニンニク1片(揚げておく)
◇レモン汁 小さじ2
◇塩 小さじ2/3
◇オリーブオイル大さじ3
◇食パン2枚(耳は取り除く)
◇水 3/4カップ

 

お仕事帰りとか、疲れていたり時間がなったりした時はこのガスパチョに加えて主食を用意するのも億劫ですよね。。

 

IMG_0432 ガスパチョ
それならばサッと茹でたカルローズライスにガスパチョを掛けてみればいいじゃないか!

 

 

日本では主食の位置付けにあるパンですが、スペイン料理では「とろみ付け」など脇役の位置付けも担っているのです。
「とろみ付けパン調理の源流」と言っても良さそうなスペイン料理

 

ローマ時代固くなって砕いたパンをベースにしたスープが存在しました。
それが『ガスパチョ』だったのです!

 

 

 

 

IMG_0238 カルローズ
↑ このカルローズライスは日本米よりもタイ米よりも安く販売されていますが、いくら茹でてもどうしても芯が残りやすく、美味しくありません(+oT)

 

 

安いものはそれなりの価値ってことです!

 

 

サロンも同じ。
価値をお求めでしたら高いコースを選びましょう(^ ^)

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】10:30~最終受付24:00[完全予約制]
<神奈川県藤沢市>

 

◆公式ホームページ https://cocobuko.shop/
↑ サロンの場所,メニュー料金,連絡先など詳細は全てホームページにてご確認ください。

 

※2023年7月末で閉鎖します!