女性向け風俗じゃないのに記念すべき一人目…性感!?? 20代女子にビックリ!

▼神奈川県の長後にひっそりと佇む”お気軽な古っぽい”民家タイ式オイルトリートメント専門店『ハロハロ』
[男性スタッフによる女性専用の施術とブログ]

 

 

開業してから半年以上は
紙パンツはTバックよりも大きめのショーツ型と
さらに大きいトランクス型
2枚重ねて着用していただいていました。

 

セクハラ疑惑防止のために厳重にしていたのです!

 

 

最初の頃は、普通に脚をトリートメントしているだけで「セクハラで訴えられないか?」と、震えそうなほど緊張しながら施術していたものでした。

 

ところが、その初期の頃
それだけ厳重な対策をしていたにも関わらず
性感マッサージやってもらえませんか?
と要求されてしまいました!!

 

20代ぐらいのお若い方でした。。

 

 
その女の子がお帰りになられた直後の施術室
DSCF4799

開業当時はこんな部屋だったのでムラムラしてしまったのでしょうか(^_^;;

 

 

それ以降は「対策を強化しなければ!」いけないと思い、免責事項同意書を作成してご署名をお願いしたり
マッサージベッドも購入して〔5万円ほどの高級ベッドですよ!〕健全ムードのアピールに努めるようにしました。

 

 

※余談ですが…
『ヒロット』の女性講師の知人の男性セラピストの話です。
かなりのイケメンだったらしいのですが、、、
都内で私と同じように個人営業していたら、多くの女性のお客様達より「性感マッサージ」の要求をされ、嫌になって(?)閉店にしてしまったそうです。
業界あるあるなんですよね

 

 

 

このような話は、書こうか悩みました。
「わざわざ書かないほうがいいよ」というご意見もあることでしょう。

 

 

実家で営業しているため、ゴタゴタは(特に!)避けたいことと,
「都合が悪くなればセクハラで訴えてやれば自分は助かる」という女性も、ごく稀(まれ)にいることが分かったのです。

 

自分とサロン(家)を守るために!
そして「セクハラは何でも男が悪い」という風潮の中で
「女性から要求する人もたくさんいる」という現実を知ってもらうために! 書かなきゃいけない事もあるんです(怒)

 

 

お客様ご自身の意思表示をハッキリしていただくための仕組み作りをして、サロン事情をご理解いただけるお客様のみご来店をお願いする次第でございます。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】11時~最終受付23時[完全予約制]

 

◆料金表 https://cocobuko.shop/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/
◆お問い合わせ  https://cocobuko.shop/schedule/9403/

 

※2023年7月末で閉店します!