洋式になる前の”和式”トイレ内での”全裸”強迫&排泄&嘔吐&借金地獄

▼神奈川県の長後にひっそりと佇む”お気軽な古っぽい”民家タイ式オイルトリートメント専門店『ハロハロ』
[男性スタッフによる女性専用の施術とブログ]

 

 

「古っぽい」というか、明らかに「古い」民家の一室を施術室に改造しただけの当店。築40年以上のそのお宅のトイレは和式トイレでした。
建築当時は近所にボットン便所のお宅もあった時代なので、水洗だけマシなほうでしたが

 

開業して四年近くは和式トイレをお客様にお貸ししていたのですよ。

 

IMG_0089 トイレ
↑ これがサロンのお手洗い

 

 

「洋式にしてほしい」
というご要望が多かったので、現在は洋式になっています。

 

 

この汚らしい和式トイレで昔
一日中トイレから一歩も出ない生活を実行したことがあります。

 

 

 

 

思いつきの恐怖

 

「思いついた事をなんでも実行しないと気が済まない」
私の強迫神経症の特徴でした。
[その頃は外に一歩も出られない時期だったので、室内でやれる行為に限定されます]

 

30年ほど昔 14~16歳頃の話です。

 

 

ある瞬間にくだらない事がふっっと頭に浮かぶこと…誰でもありますよね。

 

普通なら「こんなの馬鹿馬鹿しい」で済ませられるような事でも、そうはいかないのが強迫観念。だから常に「何か思いついてしまうのではないか」とビクついていました。

 

 

一例を上げますと
●トイレで一日暮らす
●浴室で一日暮らす
●手足を縛った状態で一日暮らす
●目と口を塞いだ状態で一日暮らす
●生ゴミ同然のものを食べる
……等々…意味不明な行為を、本当に実行していたのです。

 

他人には理解できない確認行為などが強迫行為の特徴ですが、私のケースは「異常」とも言えるような行為だったと思います。

 

 

ある時「トイレで暮らす」を思いついてしまったのです。やらないと気になって気になって何も手に付きません。
やるしかありません…。

 

 

 

 

糞尿地獄

 

トイレで一日暮らすって??どうやって?とお思いでしょうね。

 

 

ただトイレ内に居るだけでは駄目なのです。
▼排泄したものも流さない
▼全裸で暮らす
…これらも思いついてしまい、やらないと気が済みませんでした。

 

 

トイレの中では排泄しますよね。
排泄する場所なんだから当たり前ですww

 

それが 大・小 とも!流さないで便器内の残したままの状態で一日暮らさないといけないのです!!

 

しかも! 食事も、トレーを便器に載せて身の前の大便を見ながら食べなきゃいけないという……自分のモノとは言え,食べながら吐きそうな気分でした。

 

さらにさらに!よりによって便器は和式!

 

もう、悪臭もモロにくるので耐え難い空間でした。

 

 

 

 

ウンコ!? じゃなくてカカオ

 

これがその時の排泄物です!!
IMG_9131冬眠
んなわけねーだろww

 

 

この記事を書いている前日に作った〖カカオまんじゅう〗ですよww

 

△薄力粉 230g
△カカオパウダー20g
△重曹 小さじ1/2
△三温糖 大さじ4
△サラダ油 50g
△水 110cc
これらを全て混ぜ合わせて、手で捏ねて団子状に丸めて蒸しただけ

 

IMG_9133冬眠

 

入れているカカオパウダーを摂取したことにより嘔吐4回繰り返してしまったので!!! 少量ずつ使う事にしたのでした。

 

 

嘔吐4回
死ぬかと思いましたが

 

 

==30年前に実行した強迫行為==
ごはん,ヨーグルトなどまったく合わないものを混ぜ合わせて
まさしく生ゴミ同然のものを食べる…

 

必死で吸い込みましたが吐きそうでした(;o;)

 

「なんでこんな事しなきゃいけないのか」
泣きたくなりました(;_;)

 

 

 

 

なぜか全裸が付いてくる

 

トイレで一日暮らし終えた後
次に「浴室で一日暮らす」というのも思い付いてしまいました。

 

またしても全裸で!!
着ている服が気になってやり直しになったら困る…という不安から「全裸なら間違いない」と考え、全裸でトイレ内で一日暮らしたのでした。

 

 

浴槽の隣のシャワーがあるスペースに布団を敷いて、そこで寝たのです。浴槽にぬるま湯を張り、湯に浸かって全身を濡らしたままの状態でその布団で寝たのです。幸いにも五月でしたが、もし冬だったら間違いなく風邪ひいていたでしょうね。

 

 

一日=24時間過ごさないと気が済まないわけですが、トイレで暮らす行為は一度やり直しになっていました!

 

▼全裸
▼排泄物を残したまま
など条件はクリアして時計で「24時間経過」を確認してトイレから出たのですが、、「もしかして24時間経つ数分前に出てしまったのではないか?」と気になって気になってしょうがなくてやり直したのです。

 

また同じ条件で24時間以上トイレで暮らしたのでした。

 

この「もしかして?」という「万が一の可能性」をどうしても見過ごせないのが強迫観念。

 

 

 

 

空気の美味しさ

 

二回目の「トイレ暮らし」もやり終えてトイレから出た瞬間の「空気の美味しさ」は20年以上経った今でも忘れられません。
10代半ばにして空気の美味しさを実感したのでした。

 

 

▼両手両足をヒモで縛った状態で一日暮らす
▼両目と口をビニールテープでべったべたに貼った状態で1日暮らす

どれも実行しましたが、ビニールテープを剥がした瞬間の眩しさなど今でも忘れられません。

 

 

 

話が前後しますが嘔吐4回した原因のカカオパウダーはこれです
IMG_9034 カカオパウダー
オーガニック製品なので、カカオの成分がもろに吸収されたのでしょう

 

 

元々チョコレート食べて頭痛になったり気持ち悪くなった事はあるので、体質的に合わないのでしょうね
IMG_9035 カカオパウダー

 

 

現在は洋式便器になったとは言え,一日暮らしたトイレ内で嘔吐しましたから悪夢の部屋ですよ

 

 

IMG_9036 カカオパウダー
オーガニックならではの塊もあります

 

 

 

 

一番残酷な言葉

 

その頃は外には一歩も出れず人にも会えなかったものの母親だけには会えていた時期でした。

 

家が多額の借金を背負ってしまい、さらに、私の訳のわからない強迫症状により母もイライラが止まらない日々。両手両足をヒモで縛るのも母に協力してもらいましたが、周囲の人達をも巻き込んでしまうのがこの病気の厄介なところ。

 

そんな状況で私の病気を素直に受け入れてくれるはずもなく、喧嘩ばかりの毎日でした。

 

その結果,そのまま私は母にさえも会えなくなり人との関係を100%遮断した生活に突入してしまうのです。

 

 

このような体験談を話した時特にご年輩の女性(要するにおばさん)から出る言葉
「お母さんが可哀想」
…これほど残酷な言葉はありません。

 

私だって好きでこんな病気になったわけじゃないし、むしろ「なんで産んだのか?」と思うばかりでした。勝手に産んでおいて親の作った借金で苦しめられ、それでいて何で私が悪者にされるのか!?

 

だから、今でも年輩の人ってあまり好きじゃないんですよね。
親目線で説教くさく言ってくるから!

 

いまだに親を許せていない私にとって、親目線でいちいち言われるのは苦痛でしかありません。

 

 

 

 

周りの人達にお願いしたいこと

 

私のように特異な強迫性障害者が身近にいる方達へー。
強迫行為を行なっている最中は一切 口を挟まないでください。
やらせてあげてください。

 

強迫観念が出てきてしまうのは、必ず何か根本の理由があるはずです。ですので、行為を止めたところで何の解決にもなりません。

 

私の場合は借金など家庭の事情でした。

 

その根本の原因を導き出してじっくりと見守って、長い時間かけて回復させていくことこそが最大の治療になるのです!

 

 

あの地獄の家庭での傷跡はあちこちに残っています。暴れて穴のあいた壁は補修してあるものの、それを指摘してきたり”和式”トイレに注文つける…とくにおば様に多いですね!! 地獄の思い出があるだけに、その部分を指摘してくるのはお客さんであろうと許しません!!!

 

 

 

 

自力で乗り越えた

 

しかし私の場合は完全な引きこもりだったので病院には行けないし、誰にも頼ることができません。

 

「どうやって乗り越えたのか」答えは出てきません(苦笑)
自分でも分からないのです。

 

ただただ生きるのに必死だったから。

 

 

 

薬にも頼ることが出来なかったので、現在でもそのクセは残っており、、
嘔吐4回の時も「薬を飲む」だとか「病院へ行く」なんてまったく頭になかったですね。

 

IMG_9141冬眠
△薄力粉 230g
△カカオパウダー20g
△重曹 小さじ1/2
△三温糖 大さじ4
△サラダ油 50g
△水 110cc
これらを全て混ぜ合わせて、手で捏ねて団子状に丸めて蒸したもの

 

 
これを蒸すんじゃなくてオーブンで焼いてみました
IMG_9140冬眠
オーブン焼きはサクサクします

 

 

[左]オーブン焼き [右]蒸したもの

IMG_9139冬眠
実際に嘔吐したものはこれじゃないですけど、同じ製品のカカオパウダーを入れてあるので、あの悪夢が蘇ってくる(~oT)

 

 

 

今になって思えば…死ぬほど憎んでいた親
そして自分 に対して少しずつ許せるようになってきたことが症状の緩和に繋がってきたような気がします。

 

 

。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。

 

 

〈正式店舗名〉
フィリピン式ボディエステ『ハロハロ』
【営業時間】11時~最終受付23時[完全予約制]

 

◆料金表 https://cocobuko.shop/
◆サロンまでの地図  https://cocobuko.shop/hotel/
◆お問い合わせ  https://cocobuko.shop/schedule/9403/

 

※2023年7月末で閉店します!