鳥肌が出るほどゾクッとするマニラの怖い雰囲気を感じたニノイ・アキノ空港

前回のブログでは、フィリピン航空窓際の席から撮影した羽田空港の写真をお見せしましたが、
今回は、マニラのニノイアキノ国際空港に到着した瞬間の滑走路を、窓際の席から撮影した写真です。

 

フィリピン現地時刻 AM4:40〔日本時刻AM5:40〕撮影

 

 

 

 

熱帯特有の ムァッ…とした空気……

 

写真からも伝わってきませんか?

 

IMG_0004

 

 

帰りは陸の孤島と化した成田空港で足止めを食らい
(×_×;) ターミナル内で宿泊した翌日の日中によ~~やく帰宅できました。

≪陸の孤島についてのブログはこちらからどうぞ≫

 

 

が、しかし……
帰宅後に体温計測したら38.5℃の高熱でしたΣ(=ω=;)

 

6泊7日〔成田1泊〕の旅でしたが、疲労が出てきた終盤から具合が悪くなり…
帰りのニノイアキノ国際空港では、すでに38℃前後出ていたと思います。

自宅で10時間たっぷり寝たら体温は36.6℃まで下がりましたが、
高熱の状態で成田空港までのフライトや、成田空港ターミナルでの宿泊は地獄でした……

 

 

過去にチャレンジした一人旅
タイ
香港&マカオ
とは、また違った雰囲気を感じたフィリピン。

 

汚染されている空気のニオイも感じました。

 

最初のフィリピン入国時に、
ニノイアキノ国際空港ターミナルに降り立った瞬間から鳥肌が出るような?
ゾクッッ…とくる何か…を感じたのです。

 

IMG_0005

 

 

この先に始まるハードな旅を予感していたのでしょう!

 

(-o-;) 生きて帰れるかな?

 

 

なんとか帰ってこられたものの発熱…感染症の可能性も考えてみましたが、
◆思い当たる場面がないこと
◆症状も違うし回復も早い
◆過去の一人旅でも同様の発熱もあった

これらにより、疲労が原因の発熱と考えて、休養で治すことにしました。

 

 

日本がこんなに幸せな国だと感じたのは初めてです♡

 

 

 

 

フィリピン式ボディエステHalo-halo〈ハロハロ〉