超アメリカナイズ!!! フィリピンに居ながらアメリカを体感できるアヤラセンター

≪2019年9月 フィリピン旅行記No.11≫

 

セブ島唯一の巨大ショッピングモール
ayala center cebu
アヤラセンター・セブ

 

 

アヤラセンターの中庭です。さすが広い!!!

 

 

IMG_0027 縮小97%

 

 

この中庭で、日本人女性に写真撮影をお願いされました。
現地人らしき少年お二人とご一緒されていて、
最初、その日本人女性は英語で
「Could you take a picture of me?」
などと話しかけてこられましたが、
「あれ? 日本の方ですか?」
と、すぐに気付いていただけたようです。

 

 

フィリピンでは、日本人の姿を見かける機会は少ないのですが…
このアヤラセンターだけは、よく日本人を見かけました。

マニラも含めて、フィリピンで見かけた日本人はほとんど若者でした。

ご年輩の方は見なかったです。

 

さすがに皆様、何名かの集団ですね。

私のように、一人でフィリピン行く日本人は少ないでしょうね。

 

 

 

 

犯罪が多い国だからなのか、フィリピンのショッピングモールでは、
日本のディズニーみたいに<入場口での荷物チェック>を受けないといけません。

 

アヤラセンターの開店時刻(朝10時)前にお客さん達が入場口で並んでいる光景は、イトーヨーカドーやイオンに並ぶ日本と同じ光景でした。

 

 

そして、アヤラセンター・セブの外の景色

 

 

IMG_0026 縮小70%

 

 

野良犬があちこちをうろついていて、車やバイク、ジプニーが狭っ苦しくビュンビュン走り
道端の衛生状態の悪そうな中で営業している屋台が目立つ街…という印象だったセブシティ。

 

しかし、アヤラセンター周辺は道路もなかなか整備されていて都会的でした。

 

アヤラセンターでショッピングしたくて、アヤラセンターから徒歩15分の好立地にあるホテルを選んだのですからね!

 

 

 

ある書籍に
フィリピンは、東南アジアの中で最もアメリカナイズされた国
と書かれていました。

 

その通りだと感じました!

 

 

アメリカ
スペイン
に侵略されてきた歴史の影響により、
タイ料理のように
辛くてパクチーなど独特の香りがある料理は少なくて、
どこからともなく、常にラテンの重低音が響いてくる雰囲気♬

 

ファーストフード天国

 

私が感じたフィリピンは
アジアに居ながらにしてアメリカを体感できる国
という印象でした。

 

 

とは言うものの、
アメリカには行った事ないけどね(///▽///)

 

 

 

フィリピン式ボディエステHalo-halo〈ハロハロ〉
営業時間 朝9:30~深夜24時過ぎ[完全予約制]