日本とは違う!男性のエステに偏見のないフィリピン人の大らかさ

≪2019年9月 フィリピン旅行記No.21≫

 

セブ島2日目で、
セブ式ヒロット
フェイシャル
タイ式マッサージ〔Olle SPA〕
中国式マッサージ〔Olle SPA〕
を体感できたので、旅の最大の目的を達成してホッとしました
(*´∀`*)

 

 

日本人経営のヒロットサロン
COCO Hilot ココ・ヒロット
ガイドブック『地球の歩き方』には「予約必要」と書かれていましたが、飛び込みでも、待ち時間ナシで受けてくれましたよ♬

 

 

全身ヒロット➕フェイシャル120分コースを受けた後に出されたアンケート用紙とお茶です。

 

IMG_6460 - 50%縮小
こちらのハニージンジャーティー

一瞬「つぅ~ん!」ときますが、濃厚でやたらと美味しかった
(*´ω`)

 

 

施術前後のお茶出しについては、私もよく考えます。
お客様は施術を受けに来ているわけであって、お茶しに来るわけではありません。

 

「どんなドリンクを出そうか?」
などと、
お客様がお望みではない部分ばかりに脳みそ使うよりは、最重要課題に取り組む事が大事!!

 

とは言え、お客さんの立場で受けてみて、これだけ美味しいハニーで一息つくのも、
施術以外のお楽しみとして、参考にしたくなりました。

 

 

私が日本人だから、アンケート用紙も日本語で書かれていました。
もちろん!
💛採点はオール5点満点💛
チップも置いたよん♬

 

 

 

もう一つホッとしたこと……

ヒロットの為にフィリピンに来たのに、
「男性お断り」
って言われたらどうしよう…と不安でしたが、フィリピンの大らかさに感激しました
\(:^ω^:)/

 

今まで日本で受けてきた
タイ式マッサージやエステ業界での男性差別は本当に屈辱的だし
忘れられません(`_´)

 

日本の社会の狭さを感じるね…(;_;)

 

 

 

 

※後日談ですが…『ココ・ヒロット』さんは、2020年8月31日を持ちまして閉店されたようです。コロナの影響で営業できない日々だったそうなので、恐らく…コロナが原因ではないかと、私は勝手に推測しております。
また行きたかったので残念です(;_;)

 

フィリピン式ボディエステHalo-halo〈ハロハロ〉