甘いフィリピン料理は春巻ルンピアも甘口バナナケチャップ

≪2019年9月 フィリピン旅行記No.27≫

 

セブ島3日目
アヤラセンターのレストラン
『SUNBURST FRIED CHICKEN』でハロハロと一緒に注文した
フィリピン料理『挽肉入りミニ春巻』
LUMPIANG SHANGHAI ルンピアン・シャンハイ

 

IMG_6473

 

 

Gusto ko ng lutong pilipino
「私はフィリピン料理が好きです」〔タガログ語〕

 

 

LUMPIA(ルンピア=春巻)は中国から影響を受けた料理で、
生春巻=LUMPIANG SARIWA
揚げ春巻=LUMPIANG PRITO
と呼び、
揚げ春巻の中でも特に小さくて挽肉を具として巻いたものを

LUMPIANG SHANGHAIと呼ぶのです。

 

 

 

トマトではなく、バナナで作られたバナナケチャップが添えられています。

 

 

バナナケチャップはフィリピン料理の定番

 

バナナケチャップの味付けにより、フィリピンは⦅甘い料理⦆が多いのです。

 

 

ルンピア IMG_5473

 

赤く着色され、バナナの香りや味はほとんど消えています。

 

 

 

セブで買ったこちらの調味料2品などを混ぜ合わせて作ったスウィートサワーソースをルンピアに添えたのです。

 

IMG_6485
(左)バナナケチャップ
(右)ココナッツビネガー

 

 

バナナケチャップとココナッツビネガー購入についてはこちらの記事にてご紹介しております

≪アヤラセンター・セブにて≫

 

 

 

 

フィリピンから帰国してから2ヶ月後に、セブで食べたLUMPIANG SHANGHAIを思い出しながら私が作ったルンピアです。

 

ルンピア IMG_5474

 

 

刻んだ鶏胸肉,チョッパーした玉葱などを混ぜ合わせた具を、4等分にした春巻の皮で巻きます。パサつきやすい胸肉も、包丁で刻んで手間かけると食感が格段にアップしますよ♪

 

ルンピア IMG_5471

 

 

大量に揚がりました\(^o^)/

 

ルンピア IMG_5472

 

 

 

日本では
「御飯や惣菜の後にデザートが出される」
のが当たり前ですが、
ハロハロの後にルンピアが出されたところが、
フィリピンらしい?というのか、
「細かいところにこだわらない?」国民性なのか?面白いところです。

 

 

 

 

フィリピン式ボディエステHalo-halo〈ハロハロ〉
営業時間 朝9:30~深夜24時過ぎ[不定休*完全予約制]